使い方のコツ

  • Bondic®は面を粗くしたほうがよくつきます。切り目などを付けるとさらに強固になります。
  • Bondic®は紫外線(LEDが付属されています)をあてると硬化します。
  • 何層か重ね塗りしてください(最大厚さは各層1~1.5㎜にしてください)。
  • 接着面は油などの汚れがないようにしてください。
  • Bondic®は溶剤を使用していないため乾きません。
  • Bondic®は液体プラスチックの溶接材なので、接着ではなく溶接と同じ考え方で使用します。

  1. 接着面が清潔で脂分などが付着していないことを確認します。接合力を強くするために、接着面にやすりをかけて表面を粗して下さい。
  2. BONDIC®を接合したい部分に塗布します。紫外線(以下「UV」)が照射されないと固まりませんので、UVを照射する部分を確保するよう注意して下さい。
  3. 付属のUV LEDライトを4秒間〜照射し、BONDIC®を硬化させます。必要な厚さに応じて、何層か作製します。それぞれの層毎に硬化させて下さい。
  4. 表面は、加工(粉砕、切断、研磨、塗装)することができます。また、一度硬化した後、いつでも層を追加、上塗りする事ができます。

layer

使用上の注意

  • 使用前に必ず付属の取扱説明書をよくお読み下さい。
  • 付属のUV LEDライトを直接見つめたり、目にUV LED光を直射しないで下さい。目に重大な損傷を引き起こす可能性があります。
  • 目から最低でも60cm離して、最大で4~10秒間のみ付属のUV LEDライトを目的箇所にあてて下さい。
  • 目や皮膚に接触しないようにして下さい。
  • 目に入って目に痛みを感じる場合には、水の中で15分以上まばたきをして、医師の診察を受けて下さい。飲み込んだ場合には、口をゆすぎ、医師の診断を受けて下さい。
  • 皮膚に付着してヒリヒリする場合は、石鹸と多量の水ですぐに洗い流し、医師の診察を受けて下さい。
  • 目や皮膚からBONDIC®を除去するために溶媒を使わないで下さい。
  • 有機溶媒を使って表面のBONDIC®未硬化部分を取り除くことができます。
  • 日光や熱の当たらない場所で箱に入れて保管して下さい。
  • キャップを閉めた状態で保管して下さい。
  • 子供の手の届かないところに保管して下さい。
  • BONDIC®は、はんだの代替ではありません。
  • BONDIC®で絶縁するときは、常に使用前に低い電気抵抗接続があることを確認して下さい。
  • 低電圧接続(低電流)を絶縁した時のみBONDIC®を使用して下さい。AC電圧50ボルト、DC電圧120ボルトまで適用できます。
  • BONDIC®は高電圧範囲(200~245ボルト、AC 50/60Hz以上の交流)で構成部品を絶縁、結合および/または欠陥を修復するのに適していません。
  • BONDIC®は釘、ネジ、プラグ、合わせ釘の代替品にはなりません。様々な熱膨張係数の異なる材料間に使用した場合、高い温度の状態ではBONDIC®ははがれる場合があります。
  • 4〜10秒の照射で硬化しにくくなった場合やBONDIC®の表面がべたつく場合、付属のUV LEDライトの光度が落ちていることが考えられます。別売りのBONDIC®UV LEDライトと交換して下さい。
  • 本製品およびその容器は付属のUV LEDライトで硬化させた上で、適切に処分して下さい。
  • 下水道に流さないで下さい。

Bondic®トレーニングビデオ

Bondic®は液体プラスチックの溶接材

キャスターの修理

MacBookの充電器の修理

宝飾品の修理